2007年08月11日

臨床医を医学部生以外から養成

医学部生以外から養成 東京都がメディカルスクール検討委初会合

毎日新聞記事引用(2007年8月9日)

メディカルスクール:医学部生以外から養成 都が検討委初会合 /東京

 臨床医を医学部生以外からでも独自に養成する4年制の専門職大学院「メディカルスクール」の実現を目指し、都は8日、課題を話し合う有識者検討会の初会合を都庁で開いた。

委員からは現行の医学教育について「現場が必要とする人材が養成できていない」と問題点が指摘され、「メディカルスクールは解決策の一つになる」と期待感が示された。

検討会は教育内容や経営を巡る議論を重ね、08年3月に提言をまとめる予定だ。

 検討会は大学病院や都立病院の院長、法律の専門家ら12人の委員で構成されている。

 山口一久副知事は「メディカルスクールのモデルを東京から発信し、実現に向け大きなうねりを形成したい」とあいさつした。

また、座長に選ばれた国立国際医療センターの鴨下重彦名誉総長は「わが国の医学教育を土台として、医療水準を上げるための忌たんのない意見をいただきたい」と呼びかけた。

 会議では、医学教育の現状について、「臨床医とともに研究者の養成もなかなかできておらず、中途半端になっている」と課題が挙げられた。

また、「複数の教育方法を試す意味で、メディカルスクールを作ってもよい」などと創設の方向を評価する声が目立った。

 メディカルスクールの創設は、都が昨年12月にまとめた都市戦略「10年後の東京」に盛り込んだ。臨床能力の高い医師の養成に定評がある米国の方式を参考に、社会経験や教養の豊かな大学既卒者らの入学を想定する。

 現行の医学部は6年制だが、メディカルスクールは4年制で実習に重点を置いた教育を行う。

都によると、オーストラリアや韓国など、4年制大学院の医学教育を取り入れる国が増えているという。【木村健二】

ここまで引用

アメリカなどでは、一般の大学を卒業した人にしか医学部の入学は認められません。

一度、普通の社会人の倫理観を身につけてから医師になって頂こう、という主旨です。

現状の日本の医師養成制度は、高校卒業し、国語や数学など人並み以上に出来、テストに合格さえすれば医師になることが出来る制度です。

ですから一般社会人の倫理観やモラルに欠ける「お医者さん」が患者さんとトラブルを起こしやすい、学校出たての若造がつい調子に乗ってヒンシュクを買う事件が時々おきています。

ですから今回の東京都の試みには大賛成、行く行くは医学部の入試は、すべてこの制度に移行して欲しいです。

…………………………………………………………………………………







さんざしは、古来より健康果実として世界中で利用されてきました。ビタミンやミネラル、カテキンが豊富で、コレステロールを下げたり高血圧の予防、整腸作用もあるなど、万能の健康果実商品、お勧めです。




愛犬のしつけが出来ない3つのヒミツを大暴露

テレビで話題!カリスマトレーナーの
失敗しない極秘愛犬しつけ術はこちら





posted by miinotyan at 07:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。